佐那河内村

コンテンツ村のあらましくらしのガイド村政観光・イベント防災情報公共施設利用案内村民ひろばリンク集お問い合わせ
文字の大きさ拡大 標準 色を変える白色 青色 黒色  

トップページ > 観光・イベント > 文化財/獅子舞
文化財
地図情報を見る
獅子舞

 江戸時代の終わり頃(嘉永4年)に、佐那河内村上の中畑蝮塚、奥野々地区に火災や原因不明の伝染病が多く発生し、この厄除祈願として獅子舞を氏神に奉納することとなった。
 獅子舞の伝承については、詳しい記録はないが地区の古老の話によると名西石井町萬地区の秋祭りの奉納芸能として行われていたものを同村上字久保井露口増蔵氏によって伝承されたとのことである。
 現在では、3地区の世話人で結成された、獅子舞保存会によって、伝承と保存がされ毎年10月15日の朝宮神社の秋祭りと前日(宵宮)には村内6社への奉納の舞いもされており、数少ない村の郷土芸能の代表的なものとして貴重なものとなっている。
獅子舞


このページのトップへ

佐那河内村 プライバシーポリシー サイトマップ