佐那河内村

コンテンツ村のあらましくらしのガイド村政観光・イベント防災情報公共施設利用案内村民ひろばリンク集お問い合わせ
文字の大きさ拡大 標準 色を変える白色 青色 黒色  

トップページ > 防災情報 > 防災トピックス
防災トピックス

-更新日:2006/05/10-  
ビデオライブラリーに「消火器の使い方」を追加しました
担当:総務企画課


消火器の使い方

「騒ぎは大きく!
  被害は小さく!!」

早期発見・適切な初期消火で、
  
貴重な生命、財産を
     守りましょう。」


多くの家庭には消火器が置かれていると思います。
しかし、ほとんどの人が「一度も消火器は使ったことがない」、「重たくて使い方が難しい」と思っているのではないでしょうか?
しかし、使い方はいたって簡単です。3つの動作で誰にでも簡単に使うことができるのです。消火器は、火災が発生した時に真っ先に役立つ初期消火器具、いわば“初期消火の主役”といえるでしょう。


●発見から消火まで

その1 火事を発見したら、まずは"火事だぁ〜"!!

周囲の人に「火事だぁ〜」と大きな声で知らせましょう。


 その2 火の大きさを確認!!

炎が天井まで届いていたらアウト! 消火器では消せません。危険ですのですぐに避難し、消防団の到着を待ってください。
炎が天井まで届いていなかったら、できるだけ多くの消火器を集め、一気に消火しましょう。

 その3 消火器の放射時間は約15秒!放射距離は3〜6メートル!!

ある程度、火に近づいてからレバーを握って放射してください。
離れすぎた位置でレバーを握ってしまうと、消火薬剤が火に届く前に薬剤切れになってしまいます。
近づきすぎると、薬剤が出るときの圧力で、炎が自分に降りかかってしまい大変危険です。

 その4 火もとを確認!!

炎は上にあがります。しかし、実際に燃えている物は炎の下にあるのです。炎に薬剤をかけるのではなく、
「実際に燃えている物」に薬剤がかかるようにしましょう。

 その5 ほうきで掃くように!!

15秒間でいかに消火するか。
「実際に燃えている物」全体に薬剤がかかるよう、手前からほうきで掃くようにして近づいていき消火しましょう。

 


リンク(ビデオライブラリー) ビデオライブラリー


このページのトップへ

佐那河内村 プライバシーポリシー サイトマップ