佐那河内村

コンテンツ村のあらましくらしのガイド村政観光・イベント防災情報公共施設利用案内村民ひろばリンク集お問い合わせ
文字の大きさ拡大 標準 色を変える白色 青色 黒色  

トップページ > 防災情報 > いざという時に備えて > 地震の備え
防災情報

いざという時に備えて
地震の心得 10カ条
まず身の安全を!
ケガをしたら火の始末や避難がおくれてしまいます。家具の転倒や落下物には充分な対策を。

すばやく火の始末
揺れを感じたらすばやく行動。火元付近には燃えやすいものを置かない習慣を。

戸を開けて出口の確保
震動でドアが開かなくなることも。戸を開けて避難口の確保を。

火が出たらすぐ消火
万一出火しても天井に燃え移る前なら大丈夫。あわてず消火を。

あわてて外に飛び出さない
飛び出しはケガのもと。冷静な判断を。

狭い路地やブロック塀には近づかない
ブロック塀や自動販売機は転倒の恐れが。すばやく避難を。

協力し合って応急救護
地域ぐるみで協力し合って応急救護の体制を。

山崩れ、がけ崩れ、津波に注意
居住地の自然環境を把握して二次災害防止の心掛けを。

避難は徒歩で
マイカーでの避難は危険なうえ緊急出動の障害に。ルールを守る心のゆとりを。

正しい情報を聞く
事実はひとつ。間違った情報にまどわされず的確な行動を。
このページのトップへ
家の中の安全対策
通路・出入り口にはなるべく物を置かない!
玄関など出入り口までの通路に倒れやすい物を置くと、地震時に通路がふさがれて逃げ遅れてしまうことも。

寝室や子ども・お年寄りの部屋には家具を最低限に
就寝中に地震が来た場合、通常より反応が遅れてしまうもの。寝ている間に物が倒れてこないよう気をつけよう。

安全な空間を家の中に確保する
人の出入りが少ない部屋に家具をまとめておく

家具の転倒・落下をを防ぐ
転倒防止用の金具などを使い、地震が来ても家具が動かないように固定する


このページのトップへ

佐那河内村 プライバシーポリシー サイトマップ